衆知を集める



『衆知を集める』。
この言葉は、かの有名なパナソニック創業者である松下幸之助氏がよく口にした言葉として広く知られているかと思います。

松下氏は、衆知を集めることについて、以下のように言っています。
「私が、衆知を集めるということを考えたのは、一つには自分自身があまり学問、知識というものを持っていなかったから、いきおい何をするにもみなに相談し、みなの知恵を集めてやっていくことになった面もある。いわば必要に迫られてやったことだといえなくもない。しかし私は、いかに学問知識があり、すぐれた手腕を持った人といえども、この“衆知を集める”ということはきわめて大切だと考えている。それなしには真の成功はあり得ないであろう。というのは、いかにすぐれた人といえども人間である以上、神のごとく全知全能というわけにはいかない。その知恵にはおのずと限りがある。その限りある自分の知恵だけで仕事をしていこうとすれば、いろいろ考えの及ばない点、かたよった点も出てきて、往々にしてそれが失敗に結びついてくる。やはり“三人寄れば文殊の知恵”という言葉もあるように、多くの人の知恵を集めてやるに如(し)くはないのである。」  (松下幸之助著「実践経営哲学」PHP研究所刊より)

松下氏が言う『衆知を集める』ためには、まさしく人の話を聴くということだと思うのですが、これが会社組織で形式的になると会議になってしまうのでしょうが、働き方改革も進む中、時間をかけることも出来なくなるこの時代に、効率的に組織内で衆知を集め、それを経営や運営に活かすことが出来るかが重要になると感じます。

会議で衆知を集めることも必要ですが、それ以前に重要なことは、普段から「言ってもらえる関係」を創っておくことが特に重要であると思っています。逆説的に言うと、「言ってもらえない関係」、すなわちどうせ言っても無駄だと感じさせてしまうことが続けば、組織として、衰退の方向へ駒を進めてしまうことになろうかと思います。上司、部下の関係、社員同士の関係、いずれにしても、良い関係が構築出来ている組織ほど、強く、そして発展する組織であり、それを目指さなければならないと思います。強い組織には、お互いの信用と信頼があり、依存ではなく個々が自律している一方、困ったときには助け合う、そんな豊かな人間関係があるはずです。まさしく、経営理念にある「あてにし、あてにされる関係づくり」とはこのことを言っているであろうと解釈します。

いまや会社規模としても社員数約370名。私が担当している通所介護事業部も会社の約半数の社員が所属する大きな組織と言えます。
衆知を集める仕組み構築もさることながら、真の衆知を集める為にも、自らが率先して、現場に出向き、現場の責任者、社員と心通わせる関係を構築していくことを実践していきたいと思います。

(写真:Wikipediaより)

小馬 誠士

老いを楽しむ [玉野アクティブクラブ]

2月4日に本年度9回目となる玉野アクティブクラブが開催されました。

今回の講師はハーヴィスクリニックの佐能先生でした。

 

『老いを楽しむ』というテーマでお話し下さり、訪問診療を専門として活躍される佐能先生ならではのお話を、終始楽しく講演下さいました。講演の中では、必ず誰しもに訪れる『死』について、まず私たち自身がどのように向き合い、それまでどのように生きたいか、を考え決定することが重要であり、その意思を支援する医療の在り方について教えて下さいました。

 

参加者の皆さんもそれぞれに考えも巡らしたことと思いますが、私自身も若干40歳という年齢ではありますが、自身の死や生き方について考えるきっかけとなりました。

 

私は予てより在宅領域のリハビリテーションに携わるなかで、在宅哲学(私の造語)や死生観について重要であると考えてきました。しかし考えても考えてもなかなか結論が見えてこないのがこのテーマです。

 

最近読んだ本に、哲学とは1本の線の上を降りることなく延々と歩き続けるようなもの、と書いてありました。

結論を求めるのではなく、考え続けることこそが哲学である、とのことです。

この文章に触れた時、何だか長年の悩みがすっきりしたように思いました。

 

一人ひとりに存在する個別の想いや生活に対して、いかにそっと寄り添い支援できるか。

これからも考え続け、『哲学をすること』を続けていきたいと思いました。

 

 

挑戦はまっ先に。サービスはまっすぐに。

山崎 寛幸

 

 

再会



2019年12月7日、日本作業療法士協会主催 災害支援研修に参加しました。
この研修は作業療法士として、大規模災害時における専門性の確認、災害支援が可能な専門職の育成、各県士会での災害ボランティアの普及などが大きな目的です。
この研修に参加するのも2年ぶり、2回目となります。
岡山県は平成30年7月豪雨災害に見舞われ、私たち作業療法士も被災者であり、同時に支援者となる貴重な経験をしました。
当時、岡山JRATとしての被災地支援を行う中で、私たち岡山JRATは全国より多くの支援をいただきました。
写真は実際に岡山へ支援に来ていただいた二人の作業療法士。
写真左 今野和成さん、中央は私、写真右 門脇優さん。
お二人とも別々で岡山入りしてくれました。
今野さんは第1陣として岡山に入り活動本部の在り方や基本を教えてくださいました。
門脇さんは、本部機能も落ち着き始めたころに来ていただき、実際の活動本部の業務を一緒に行いました。
お二人をはじめ、支援していただいた皆様に対しては本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
当時のことを思い出すと、災害支援活動もさることながら、今野さんとはお土産に大手まんじゅうをオススメしたこと、門脇さんとは差し入れの桃を食べるため爪楊枝を買い出しに行ったことを思い出します。
今回の研修で再会できたご縁を大切に、県内でも災害支援活動の普及、岡山JRATの活動促進を図りたいと思います。


大月 博

2020年

 「2020年」といえば、真っ先に思い浮かぶのは東京オリンピック。56年ぶりの夏季大会に日本中が注目し、かく言う私も開催を心待ちにしています。
 ちなみに、私の夏季オリンピック記憶に残るシーンベスト3は
     1位 柔道 山下 泰裕選手の金メダル (1984年 ロサンゼルスオリンピック)
     2位 競泳 岩崎 恭子選手の金メダル (1992年 バルセロナオリンピック)
     3位 体操 団体 の金メダル (2004年 アテネオリンピック)
     次点 柔道 篠原 信二選手の銀メダル (2000年 シドニーオリンピック)
です。

 

 さて、本題の「2020年」 我がアール・ケアは創業30年の節目を迎える年になります。
1990年12月に小さな1室で産声を上げた0歳の会社が今や30歳となり、虚弱だった身体にも体力がつき、紆余曲折もありながら、当時は想像もし得なかったサイズに生育してきました。
 大手リサーチ会社が2019年に発表した調査結果によると、全国の企業の「平均寿命」は23.9年しかなく、また、国税庁が行った「企業生存率」の調査では、設立後1年では40%、5年15%、10年6%、20年0.3%、そして30年となれば、わずか0.02%の奇跡的な数字となっています。
 そのような状況下(あくまでデータ上ですが)であっても、今年創業30年目を迎えることが出来たのは、過去からの会社生育過程の中で、様々な人達に、様々なシーンで助けられ、励まされ、教えられ、導かれてきたお陰であると、関わっていただいた方に改めて深く感謝を致します。
 まずもって現場で奮闘してくれている社員、過去在籍して頑張ってくれた社員、当社のサービスに信頼を置いてご利用下さっているお客様、ご家族、関係する事業者の皆様、その他、わずかでも関係して下さった方々、その全ての人の存在にて現在もアール・ケアが生かされているのだと心からの敬意の念を抱くところです。

 この先「アール・ケア」の存在が、地域の方々が安心して暮らせる一助となること、そして、関係して下さるあらゆる方々の幸せが、一歩でも近づくことに貢献できる会社となれるよう、2020年という節目の年に心新たに取り組みたいと思います。

 

<左:創業当時の会社パンフレット、右:現在の会社パンフレット(抜粋)>

 

鈴木 茂和

夢の実現に向けて

〜 当社、責任者研修での1枚のスライド 〜



以下の内容を責任者の研修で話した。

人はそれぞれに克服したい問題や治したい病気、そして実現したい夢がある。
アメリカのフォードモーターカンパニーの創業者ヘンリー・フォードには、「モータリゼーションの大衆化」という大きな夢があった。
車を一部の大金持ちや富裕層だけのものにするのではなく、自分の会社で働く工員にも買わせてやりたい。そんな使命をもって夢に挑戦し続けた。

結果は、たった13年間で同じNYの5番街通りが馬車から車に一変することとなった。
この目的達成の裏には、圧倒的に生産性を上げたベルトコンベア実験工場の建設がある。(中略)
その工場では、それまでに1台当たりの組み立てに13時間以上かかっていた工程が、93分に短縮され、凄まじい成果を上げて「モータリゼーションの大衆化」に突き進んだ。
ヘンリー・フォードが信じた夢が世界を席巻させた。

その時に、フォードが残した言葉が自身の写真の中に刻まれている。
信じることのへの執念、そして目的達成を確信できたことによる大きな成果と言える。

アメリカの成功者の100%は、この「信じる」「確信する」ことを意識に入れ、成功を手にしているという。

「山根君、あなたも夢を確信しなさい。」と言われたような気がした。

山根 一人


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS