面接必勝法?4



 今年の入社式から約1か月、すでに来年に向けての就活生の動きも活発になってきました。
街で一生懸命活動している学生さんを目にすると、思わず「頑張れ!」と声をかけたくなる日常です。
 では、前々回からの続き面接必勝法?です。
  
☆自己分析の大切さ 〜過去、現在編〜 について
   面接の場において面接官は、とにかく「相手の事を知りたい」という思いを持っています。それも表面的なものではなく、その人自身の「等身大、原寸大」を知りたいというのが真の願望といっても過言ではありません。
   面接官も初めて応募者と話をするため「どんな人なのか?」という不安を持ちながら臨むことが多く、出来る限り早く「人物像の把握」をしたいと思っています。
  
 そのプロセスの中で最も効果的なのが「あなた自身の事を教えて下さい」という種類の質問です。
  「自己紹介をして下さい」から始まって「今までどんな経験をし、何を学んだか?」「*****という時にあなたが取った行動は?その理由は?」「他人から見たあなたの印象は?」「自身のどの部分を変化、改善、進歩させたいか」等、挙げればきりがないですが、これらの質問を通じて、応募者の思考、判断基準、行動特性(面接必勝法∋仮函砲琉戝爾鮹里襪海箸出来ます。
  
人は十人十色、百人百様であるが故に非常に複雑難解です(そこがまた面白いところでもありますが・・・)
  だからこそ「私はこういう人です」「僕にはこのような特徴があります」「自分の強みはこの部分です」ということを的確に伝えてくれる方が信頼度は高まり、魅力的に映り結果もプラスに傾きやすくなります。
 「自身」を知ってもらうためには「自ら伝える」しか方法はありません。そして、伝えるためには「正確に知る」必要があります。日頃から「自身の行動」を振り返る「自分自身」を客観的に見る作業を習慣とすることで、その「正確さ」が向上していくのだと思います。

  次回、面接必勝法?ゼ己分析の大切さ 〜未来編〜 に続きます。


鈴木 茂和

誰かの支えがあって自分がいる

まずは、熊本県を中心とした大震災の被災者の方々に、心よりお見舞いを申し上げると共に、1日も早い復興をお祈りいたします。
 

被災され、今多くの方々が奮闘されている。
不幸にも命を落とされた方も多いが、中には身も知らない人に命を救われた方も少なくない。
「命の恩人」として一生涯、感謝の気持ちを忘れることはできないだろう。
 
こんなふうに私たちは、いつもいつもだれかの支えの中で生かされている。
被災時にあらずとも、ほんの平凡な日常や仕事でさえも、その構図は変わらない。
 
子供の頃を思い出す。
食事の前に手を合わせ、心の中で「いただきます」と言うのも、食材を育て、運び、私たちの口に入るまで、多くの人びとの手が掛かっていることへの感謝だった。
これは永平寺の修行僧の基本とも言われている。
 
「誰かの支えがあって自分がいる。」
小さくともそんな感謝を毎日重ねることができれば、今度は自分が何をしなければならないかも見えてくるのではないだろうか……。
 
一輪の 花に心を満たされて 思うは生けし人の想いよ
 

山根 一人

『教育』と『共育』と『協育』



4月1日に入社した新入社員も今週より各事業所に配属となりました。
通所介護事業部としても新たに4名のやる気に満ちた新入社員を加え、事業部一丸となって新入社員に対して愛情ある教育を実施していきたいと思っています。

さて、話は少し変わりますが、株式会社アール・ケアとしてもこの19期において、『人育て』というものが大きなキーワードとなっています。今まで人育てについて決して重要視していなかったわけではありませんが、今後、『地域包括ケア事業で日本No.1企業』を目指していく私たちにとって、社員一丸となってこの目標に取り組んでいく必要があります。何かを実行するのにも、全て社員の協力が必要不可欠となります。そういった意味でもこの『人育て』を私たちの永年の重要なテーマとしています。

『人育て』と言っても、仕事の実務的なことや知識、技術についての育成はもちろんですが、これは継続の中である程度は身にはついてくると思います。私たちがより大切にしたい『人育て』とは、人間的な成長、育成のところです。

しかしながら、これが本当に難しいと日々痛感させられます・・・。

人を教え育てる『教育』の過程において、実は教えている自分自身が学ばされているという事実もあるのではないかと思います。まさしくこれが『共育』であり、経営理念のワードとしてもある『共に育つ』の考え方であろうと思います。
教育されるコトやモノは、共に育つために共有、すなわちみなでシェアされるべきものであると思います。そして、良いものがみなでシェアされ、教育がより深みを増すのだと思います。この考え方を大切に、社員一人ひとりの『人育て』が『人育ち』となり、全員の協力の元、目標を目指していく。きっとこの過程の中でさらに『協育』となっていくのだと思います。

当然にはなりますが、逆から言うと、協力して育んでいく(目標)ために、共に育ち(シェア)、教え育てていく(理念・道徳教育)必要があるとも言えます。

先にも述べましたが、ほんとに『きょういく』って難しい、しかしながら、ほんとに大事だなぁと新入社員の入社で改めて感じたところです。


小馬 誠士

責任者会議!



アール・ケアでは偶数月の第3金曜日に責任者会議が開催されます。
当期の始まりが12月1日なので、早いもので今期3回目の責任者会議が開催されました。
隔月、年6回開催なので丁度折り返し地点です。

この場では、今後の方向性や新たな体制など様々な情報が発信されます。
我々を取り巻く介護事業界が地域包括ケアシステムを中心として目まぐるしく変化しています。
この変化の流れから振り落とされないようにするには、自分たちもまた、目まぐるしく変化していく必要があります。

私たちが住まい、生活し、老いていく地域において、
あてにされ、喜んで頂ける事業者を目指し、ひたすら邁進するのみです。

挑戦はまっ先に。サービスはまっすぐに。

山崎 寛幸

 

新規事業について4



今回はハーヴィスプラスについて書きたいと思います。
看護小規模多機能型居宅介護、開設準備中は複合型サービス、ほとんど聞いたことの無いサービスでした。今も岡山県内に数か所しかありません。
ちょっとここで看護小規模多機能型居宅介護について紹介します。
「看護小規模多機能型居宅介護は、利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、利用者の選択に応じて、施設への「通い」を中心として、短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問(介護)」に加えて、看護師などによる「訪問(看護)」も組み合わせることで、家庭的な環境と地域住民との交流の下で、介護と看護の一体的なサービスを提供」と厚生労働省のホームページに書かれています。
アール・ケアは「住み慣れた地域で人生の最期まで支援する会社になる」という目標を掲げ、それを達成するためにサービス付き高齢者向け住宅を含めた新事業にチャレンジしました。この看護小規模多機能型居宅介護ハーヴィスプラスも重要なサービスの一つです。
実際にオープンしてから順調に進んでいることは多くはありません。
まだまだ勉強して良いサービスを提供できるように日々、努を積み重ねるだけです。
玉野市という限られた地域ではありますが、「通い」「訪問」「通所」を一体的に提供し、「最後まで自宅で過ごしたい、過ごしてほしい」の想いを実現できるように進んでいきたいと思います。


大月 博


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS