継往開来  〜 リハビリテーションの巨頭と共に 〜

 

去る1月6日、日本のリハビリテーションの三大巨頭の一人、大田仁史先生と会食の機会をいただいた。

81歳を迎えられたにもかかわらず、熱い言葉で、障害を持つ人の心、障害を負っての生活、それを支える人のあり方、そして地域社会のあり方を私に説いてくれた。

リハビリテーションを念頭に置く私は、この40年間、先生の著書や講演から多くの示唆をいただいた。

 

医学のターゲットは、感染症との戦いから始まり、労災・事故傷害を経て高齢者を含む慢性疾患へと移り、昨今では遺伝子や再生レベルにまで至っている。

一方、リハビリテーションのターゲットは、悪化を続ける中にあっても、いかにその人らしく生き続け人生を全うさせるかにある。

 

高齢者の肺炎は治さなければ命に係わる。

しかし、救急車で病院に搬送し、生活環境を変えて2週間の入院の後に得られたものが、肺炎の完治と認知症では、医学的な勝利はあってもリハビリテーションの敗北となる。

この事例に対し、訪問リハビリを続けながら訪問看護を導入し、かかりつけ医が自宅で抗生剤の点滴を行うと、医学とリハビリテーションの両立はどうなっていただろう。

 

大田先生の直筆に「継往開来(けいおうかいらい)」がある。これは、先人の事業を受け継ぎ、発展させながら未来を切り開くことを言う。

 

大田先生のリハビリテーション思想、これを私たちは引き継がなければならない。

 

山根 一人

更なる『追求』の年に

 

新年明けましておめでとうございます。

旧年中も沢山の方々に助けて頂きましたこと、改めて、厚くお礼申し上げます。

 

さて、今年は『追求』という二文字を年初に書かせて頂きました。

 

“ついきゅう”という言葉は、追求・追及・追究・追窮という漢字がありますが、物事を極める・奥深くに入り込むという意味で『追究』という漢字も良いのですが、目的を達成しようとしてねばり強く追い求める、また、幸せを追い求めるときに使う『追求』がしっくりときました。

 

というのも、今年は医療・介護保険制度の改正年です。

いよいよ、2018年に突入したか、ということを考えずにはいられない今日この頃です。

今月中旬あたりには、次期改定に関わる新加算の概要や単位数等も明らかになることと思います。

 

とかく、通所介護サービスでは、1時間ごとの時間区分への変更や基本報酬の減などが囁かれており、弊社の通所介護事業も例外なく、現サービス提供体制を根本から見直していく必要があります。

 

もちろん営利法人ですから、利益の追求は必要なのですが、サービスあってこそのものであり、『自立支援』に向けたアウトカム創出のためにも、このサービスの追求は、より深く追い求めていく1年になると思います。

 

そして、サービスを追求する手前には、サービスを提供する“人”への追求も更に大切であると感じます。

この1年、サービス追求の為に、社員教育についても大きな力を注いでいきたいと思っています。

 

 

〜会社とは、社員がいてこそ存続し、サービス追求が出来る〜

 

 

2018年、上記言葉を胸に、既存社員はもちろん、今年新たに仲間になるであろう社員も含め、この会社に入って良かったと幸せに感じることの出来る会社創りを『追求』していく所存です。

 

最後になりましたが、引き続き、本年も変わらぬご愛顧を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

小馬 誠士

新たな年を迎えて 〜柳のようであれ〜

 

良い職場だったが、夢が先行し28歳で病院を退職した。父に相談したところ、「失敗しても理学療法士の免許までは無くなるまい。胸を張ってやってみろ。」と言われ、この世界に飛び込んだ。

チャレンジにチャレンジを重ね、多くの失敗と仲間たちの努力によって、今立っている。

多くの人に助けられての55歳、新しい年が迎えられたことは感謝の限りだ。

その上で29年間、一貫していたことは「リハビリテーションに基づく自立支援を地域に届ける」というものだった。

「夢をもつ」、「ブレない」、「前を見る」、「進む」、「失敗を宝とする」、そして「柔軟性をもつ」、これらが自分の中での大きなキーワードとなってきた。

 

この「柔軟性」について、柳はしっかりと根を張り、太い幹をもち、どんな強風にさらされても、枝がなびいて風を逃がす。

他の木と異なり、これこそ柳が立ち続けられる理由だ。

「柳のようであれ」。

ブレない幹があって、しなやかに受け入れる器をもつ。

この柔軟性こそが、社員育成にも、チャンスの受け入れにも、他社との共生にも、大きくかかわっている。

山根 一人

アール・ケア マガジン創刊!

いよいよ年末が差し迫り、お正月まであと数日となりました。

一年という時間はあっという間ですね。

小学生の頃は1年間なんていつまでたっても終わらない感覚がありましたが、年を重ねるにつれ過ぎ去るスピードは加速するばかりで、ここ数年は更に早く感じています。

体感的に経過速度を早く感じるのは時間を短縮出来ることが増えることが原因ではないかと密かに思っています。

例えば小学生の移動手段は徒歩が中心ですが、自転車、自動車と移動時間を短縮できたり、携帯電話やPC、インターネットなどもコミュニケーションや情報取集に要する時間を短縮していると思います。

今後ICTやAIの益々の発展により、この体感的な時間の経過速度は更に加速するのではないかと思います。

 

さて、私たちアール・ケアでは「アール・ケア マガジン」なるものを創刊しました。

これは会社の方針や考え、社内の動き、時々のトピックスなどなどにフォーカスし、社内の情報共有、情報発信を目的とした新たな取り組みとして開始しました。今後年4回発行されます。今回は期首の事業ドメインを中心とした内容となっています。

 

このマガジンもその一つですが、当社では今年も様々な挑戦がありました。

特に兼ねてから構想を練ってきた事業を、グループ法人ではありますが3事業開始できたことは大きな成果となりました。

また、数年前より着手してきた訪問看護における緊急時対応体制、介護予防教室や地域の出前講座、定期巡回、看護小規模多機能、サ高住、コンディショニングセンター、地域ケア推進室などの事業も確実に地域に根付き成長してきています。

 

また来年も全社スタッフ一同、「挑戦はまっ先に。サービスはまっ先に。」の精神で地域への根を更に伸ばし、お客さま、地域、関係事業者の皆さまに、あてにされ喜んでいただける会社として成長できるよう全力で邁進したいと思います。

 

今年お世話になりました皆さまに心から感謝を申し上げます。

また、来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

山崎 寛幸

JIMTEF



今年、6月3日4日、11月11日12日の2回にわたり、公益財団法人国際医療技術財団(通称JIMTEF)の主催する災害医療研修ベーシックコース、アドバンスコースに参加しました。
この研修は国際医療財団が有する医療技術分野のネットワークを活用し、大規模災害発生時の多種多様な状況に適切に対応できる技術・知識を有する医療技術者の育成を図ることを目的に開催されています。
ベーシックコースでは、災害医療概論から東日本大震災、熊本地震など実際の災害ケースからの学びを中心に、アドバンスコースでは災害医療コーディネート、災害本部の運営実習など、実践に即した講義が行われます。
岡山県は大規模災害発生の可能性が低い地域と言われていますが、発生しないと決まったわけではありません。実際に熊本県は地震発生の可能性が低い地域といわれていたそうです。
この研修を通じて、改めて自社の災害対策を進めていく必要性を確認できたと同時に、岡山県作業療法士会でも災害対策委員会の委員長として、会員のためにできることを具体化させておくこと、また、被災した時の準備も合わせて進めていくことが重要だと感じました。

大月  博


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS