心あらたに



今年の6月〜8月にかけて、一般社団法人 岡山経済研究所主催の第三期社長を補佐する右腕幹部育成講座を受講させて頂き、先日8月26日に最終の第6講座を受講し終え、修了証書を頂きました。

参加者は30名ほどでしたが、製造、卸、小売、行政、金融、サービス業と多種多様な業種のリーダー、部長、役員クラスの方と共に学ばせて頂きました。

研修内容は、幹部として必要な心構え、姿勢、考え方に始まり、人事、労務、決算書の読み方、プレゼンスキルの習得と盛り沢山であり、本当に刺激的かつ貴重な研修に参加させて頂いたと有難く思っています。
研修最終日には、6回分の講座で得たものの総力を結集し、「もしも自分が社長として起業したら」というテーマでのプレゼンテーション大会があったのですが、僭越ながらMVPを頂くことが出来ました。

そもそもですが、この研修に参加しようと思った経緯ですが、私が取締役を拝命したのが、2015年。今年で早5年目となるのですが、自分がその役に足る人間かどうかを考えたときにまだまだ未熟であり、知識にしても人間的にももっと成長しなくてはいけないと思っていたところにこの研修が目に入り、社長に研修参加のお願いをしたのがきっかけでした。

当社理念の一つ「アール・ケアブランドの確立」には信頼される専門家集団となるという文言があります。信頼される専門家集団になるために、全職において、職業への見識と哲学を身につけることを求めている以上、自身の役割においても当然、率先して学び、成長することが大切であると思います。

私はリーダー、人の上に立つ人間に必要な要素として、謙虚さ、誠実さ、賢さ、強力なリーダーシップ、人を惹きつける人間的魅力や器、創造的、挑戦的であることが必要だと思っています。更に経営的な面を含めるともっとあるとは思いますが、今回の研修で改めて感じた要素として“学び続ける・成長し続ける姿勢”も絶対に忘れてはならないと思いました。

学ぶ姿勢、成長する姿勢を崩してしまうと、井の中の蛙となってしまい、自分では気付かない内に停滞、減退方向へと駒を進めてしまうことになると思います。また、狭い世界しか知らないと自分の世界が良いのか悪いのかも判断がつかなくなる恐れも出てきます。
今回、他業種の方と交流が深まったことも大変貴重な機会であり、他を知るからこその当社の素晴らしさ、有難みを改めて知ることが出来たと思います。

〜己を知り、他を知り、感謝の念をもち、学び成長し続ける〜


小馬 誠士

ワーキングチーム♪

今日は「社員アンケートワーキングチーム」の初回のミーティングでした。
当社では3年前より年に1回社員アンケートを実施しています。


これはいわゆるES調査として行っており、仕事の満足度はどうか、ライフワークバランスはとれているか、専門職としてスキル・能力が身につく職場か、人間関係はどうか、など様々な質問に対して全社員から回答をもらう取り組みです。質問に対しては5〜3段階から選択して回答するもの以外に記述式による回答もあり、様々な意見が集まってきます。

 

一昨年より昨年、昨年より今年と徐々に結果が良くなってきています。喜ばしい言葉もたくさんあり嬉しいところですが、中には、身が引き締まるような厳しい意見や切実な意見もあります。

 

これらの意見を真摯に受け止め、より良い会社、より良い職場を作って行くために、今年から各事業部門からの代表者でワーキングチームを構成し、検討を行い改善案を練っていきます。

 

本日はそのキックオフというわけです。

総勢14名のメンバーで集計したアンケートの結果を共有し、これから約1ヵ月で各事業部門の特性などを踏まえながら課題の抽出と改善策の立案を行い、絞り込んでいきます。

 

頂いた意見を無駄にしないよう、十分な議論を行い、社内に還元していきたいと思います。
この取り組みにより、更に皆がイキイキと働ける会社へと高めていきたいと思います!


挑戦はまっ先に。サービスはまっすぐに。
山崎 寛幸

第50回 玉野まつり おどり大会!!



令和元年8月3日、第50回の節目となる、玉野まつりおどり大会にteamアール・ケアの踊り連が43名で参加しました。
玉野市内より総勢38連の踊り連が参加し、約1300人が揃いの衣装や浴衣で「かっからかニューバージョン」「花咲く玉野」「玉野いきいき音頭」を元気よく踊り、歴史ある玉野まつりを彩ってくれました。
この玉野まつりは例年であれば2日間開催しており、2日目は花火大会が行われてきました。
しかし、本年度は予算などの関係で花火大会は休止となっており、玉野市民からは少なからず「寂しいね」「来年は?」など様々な声をいただいています。
今年は商工会議所の関係で、玉野まつりおどり大会実行委員長を仰せつかっており、運営に関わる貴重な経験をさせていただきました。
ネットニュースでも話題になっていますが、全国的に花火大会は減少傾向にあります。
岡山市の花火大会も今年は中止となりました。
住民の楽しみや期待とは裏腹に、地域における様々なイベントは中止という選択肢を含め開催の形を変えていく過渡期にあると感じています。
安全性の確保、費用の問題、住民の楽しみ・・・。
それぞれに課題があり、両立していくのは本当に難しい。
超高齢社会と人口減少から発生する地域課題は、様々な形で日常生活に現れます。
私たちは現代を生きる当事者として、しっかりと見つめていくことが重要です。



大月 博

合成の誤謬



合成の誤謬(ごびゅう)とは「個人的(部分的)に正しいとされる行動であっても、それが合成され全体的に全員が同じ行動をとった時には、必ずしも正しい結果に導かれず予想しない悪い結果を招く」ことを表す主に経済用語として使われる言葉です。「合理的行動が集まると、予期せぬと不合理的結果を生む」とも言い換えることが出来ます。
例えば、有名な「貯蓄のパラドックス」もその一つで、個人としての貯蓄や貯金は正しい行動であり一般的には良い事とされていますが、全員または大部分が貯蓄や貯金をする行動をとった場合には、社会全体の消費額が減少し、企業の利益が激減し、その影響で個人の所得も下がってしまい、結果的に貯金を切り崩し、貯金額よりも多くの支出が必要になる可能性が高まります。
また、「選挙」についても同じで、若い年代が「選挙に行く時間がもったいない」「自分一人が投票しても国政には影響ない」として時間的合理性の中で大部分が「棄権」という選択をした場合には、投票率の高い年代の意見や要望が反映された政策が優先となります。逆に「棄権」が多く、投票率の低い年代の要望は後回しにされ「選挙に行かない」という合理的行動が、若い年代にとって不合理な結果を生む「合成の誤謬」の典型とされています。
もっと言えば、コンサート会場で「見えやすいように」と席を立つ人がいると、立った
人の後ろの人も「見えにくい」から立ち上がる、そしてそのまた後ろの人も…という連鎖によって、立ち上がったことによる有利性は全く無くなることも同じ概念です。
 
現在、国が提唱し法律化されている「働き方改革」に準じ、当社でも様々な取り組みを推進していますが、その取り組みの結果「合成の誤謬」を生んでしまわないか?に一抹の不安を覚えているところです。
 「合成の誤謬」を生まず「トータルバランスと全社最適」を両立させていくのは、かなりの困難課題でありますが、一歩一歩着実に「働き方改革」を進め「合成の躍進(こんな言葉はないですが)」に繋げたいと思います。


鈴木 茂和

仲間が居てこその未来・・・。

 

ここが日本を動かす中心地。

よく通る道だが、厚労省の委員会に出席した際、タクシー内から撮影した。

総理がいて、官房長官率いる内閣官房があって、閣議も開催される場所。

一流の建築家と職人によって造られた政治の中心的建造物と言える。

美観としての石にも、竹にも、壁にも、日本国としての歴史的な意味があると聞く。

さらに、有事を想定した構造も、ただものではないのだろう。

 

しかし、「ここで働きたいか。」と問われても、答えは「ノー」だ。

「玉野に無料で移築するから、この仕事でどうだ。」と言われても、答えは「ノー」だ。

 

「では、何が条件か?」と問われれば、

「2億円で移築してくれて、場所は玉野か岡山市、そして何よりも、今のメンバーで今の仕事ができるなら。」と答える。

「ここまで」をつくった仲間と共に、「これから」の挑戦を楽しみたい。

その条件を安倍総理と官邸が提示するなら、私は話に乗る。

 

鈴木専務、許可をいただけますでしょうか?

山根 一人


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS