COPD個別健康相談会

(写真撮り忘れたのでチラシでごまかし)

 

先週の金曜日にCOPD個別健康相談会が行われました。

この相談会は玉野市さまからの委託事業として実施させて頂いているもので、COPDの早期発見により適切に医療へ繋げていく役割と、既に症状をお持ちの方については症状や運動などの正しい理解による生活習慣の改善を促す取り組みです。

 

COPDとは慢性気管支炎や肺気腫の総称で慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease)の事です。このCOPDは主にタバコの煙を主とする有害物質の長期吸入によって生じた肺の疾患で、喫煙者の15〜20%に発症すると言われています。発症すると身体を動かした際に息切れを感じたり、咳や痰が慢性的にでるといった症状を有します。

 

当日は30名弱の方にお越し頂き5名体制でアンケート、スパイロメーターによる肺の検査・測定、健康相談・運動指導を行いました。健康相談・運動指導を行うのは呼吸療法認定士の資格を持つ2名の理学療法士です。

 

コロナ感染防止への対策も万全で、間隔をとった会場レイアウト、手指消毒、測定機器の消毒、パーティションの設置、フェイスシールド・マスク・プラスティック手袋の着用といった対策を講じて行いました。私自身は初めてマスクにフェイスシールドの着用を経験しましたが、室内の冷房設備がある環境でもかなり暑く、息苦しかったです。TVなどで様々な業種、業態の方がこの装備をして業務にあたっている姿を毎日のように目にしますが、この猛暑のなか本当に大変だと思いました。

 

このような世の中でコロナウィルスに注目が集まっていますが、健康を蝕む病気やその兆しは何も変わらなく存在しています。

感染拡大を懸念しこのような活動が制限されることで、病気の予備群の方々の発見が遅れることも問題だと思います。

 

何が正しく、何が必要なのか、このコロナ過において改めて様々なことに正面から向き合い、決断をしていくことが必要だと思いました。

 

 

 

あ〜何も気にせず、飲みに行きたい〜

コロナさんよ、色んなところにガスがたまってまっせ!そろそろ人間になついて下さいな!

 

この場を借りて、私のガスを抜かしてもらいました。笑

 

 

 

挑戦はまっ先に。サービスはまっすぐに。

山 寛幸

 

 


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS