人生における無駄な時間



つい先日めでたく(?)53歳の誕生日を迎えた。私が生まれた1967年の平均寿命は、
男性68.91歳/女性74.15歳であり2020年に至るまでの間、一度たりとも前年度を下回ることなく延び続けている。ここ数年「人生100年」といった言葉を聞くことが増えたが、現実に平均寿命が100年となる日もそう遠くないように思えるようになってきた。
 そこで、仮に人生100年として計算すると、日数なら36,550日、時間なら877,200時間。言い換えれば、人生というのは、生まれた瞬間からその目盛りが減り続けていくことと並行して形成されるということである。
 また、100年間の睡眠時間を平均7時間とした場合、自らの能動的活動可能時間は62,1300時間となる。この数値が長いか短いかは個人の見解による差異があるが、時間は有限でありその価値の大きさについては大部分の人が認めるところだろう。
 「不老不死ではない以上、命の限界は必然である」そう考えれば、いかに能動的活動時間を有効に使うのか?もしくは、有効に使えないにしても無駄な時間をいかに除くかは、人生における大きな課題であることは間違いない。
 そこで、私の考える「人生における無駄な時間3選」を書いてみたい。
 (を探す時間
 日頃から整理しておけば”何がどこにあるか?”は分かる。整理が甘かったとしてもカテゴリーだけでも分けていれば探すにしても手間取らない。「あれどこへ置いたかな?」「確かこの辺に…‥」一生分積み重ねると相当の時間の浪費であることは言うまでもない。
 待つ時間
 代表的なのは渋滞や何かに並ぶ待ち時間。アクシデントとしての思いがけない渋滞は不可避であり受け入れるしか無いとしても、特に意味を持たない時間であり精神衛生上にもかなり悪い。また、何かを求め行列に並ぶなら、並ぶための目的達成が、「待つ『時間』」の貴重さを上回らなければならないと思う。とにかく意味なく待つ時間ほど不毛なものはない。
 リカバリーに費やす時間
 典型的なのは“忘れ物”誰しも一度は経験があるが、例えば「忘れ物を取りに帰る」時の心情を思い出せば、その時間は全く無意味であることが分かる。また、落とし物や気を付けていれば普通に回避できる事故、少しの確認不足が後々大きな問題となって降りかかってくる等々、リカバリーにかかる労力(概ねは時間だが金銭的、関係性的なものも含む)は
相当無駄な要素を含んでいる。

一切の無駄を省き常に有意義な時間を過ごすことは至難の技であり、有効な時間の使い方ばかり考えて「あそび」のない人生も窮屈で面白味が無いが「命=残り時間」とするならば、一度くらいは「無駄な時間」について考えてみることも一興かもしれない。


鈴木 茂和


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS