ナッジを介護へ



ナッジ(nudge)とは、「ヒジで軽く突く」という意味です。
科学的分析に基づいて人間の行動を変える戦略のことをいいます。
このナッジのコンセプトは、2008年にシカゴ大学のリチャード・セイラー教授とハーバード大学のキャス・サンスティーン教授により発表されました。
ナッジは「選択構造」を利用した行動経済学にもとづく戦略であり、選択構造とは、「選択肢を提示する形」のことをいい、「人の動き(心)を操る魔法」とも称されます。

実は、ナッジは私たちの身の回りに既に沢山存在しています。
アムステルダムのスキポール空港では、男性小便器の内側に一匹のハエの絵を描くことにより、床の清掃費が8割も減少したという話もあります。
また、ニューメキシコ州立大学の研究チームは、実際にスーパーマーケットの客にナッジを試みました。カートの中央にテープを貼って、テープの向こう側に果物と野菜を入れ、テープの手前側にその他の品物を入れるようにしました。
その結果、客は必ず果物と野菜を買うようになり、結果としてその量はこれまでの倍となったそうです。
最近目にするコンビニのレジ前の並ぶところにある足跡なども実はナッジによるものです。

例をあげればキリがないほど、世の中にはナッジが浸透しているのですが、「ナッジ」とは、私たち人間が決して強制されることなく、選択的余地を残したうえで、より良い方向や行動をとるために生み出されたコンセプトなのです。

国は、このナッジ理論に注目し、医療、介護、予防へ応用しようと動いています。
介護においては、高齢者福祉におけるアナセンの3原則の内の一つ、『自己決定の原則』に関係してくることと思います。自己決定までのプロセスでの仕掛けが重要であり、そこにナッジを応用しようということです。
振返ってみれば、私たちもデイサービスにおいて、独自の機能評価システムであるDRCやリハビリカードの導入など、自然とご利用頂く方がモチベーションを高め、運動したくなるような仕掛けを沢山考えてきたように思います。

ナッジはアイデアだと思います。
ご利用頂く方が、自然と運動したくなるような、わくわくするような、心動かす仕掛けをこれからも沢山考えていきたいと思います。
そして、私たちが目指すは自立支援介護です。その考え方のもと、お一人おひとりが自らの健康は自分で考え、行動出来るような関わりを行っていけるよう努力したいと思います。

小馬 誠士


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS