「アール・ケア」と「テセウスの船」

   

現在、放映中のドラマ「テセウスの船」ドラマ自体は見ておらず、内容は全く分かりませんが、題名に興味を惹かれたこともあり、少し考えを巡らせてみました。
まず「テセウスの船」とは、ギリシャ神話に登場するギリシャ国王テセウスが、ミノタウロスという怪物が住むクレタ島に木船で討伐に行き、見事怪物退治に成功した後、英雄として熱狂的にギリシャ国民に迎え入れられた物語が由来となっています。
後に、ギリシャ国民は、その大きな功績を称え、討伐に使った木船を「テセウスの船」として、永久に保存するために壊れた箇所を新しくするなど、幾度も修繕を重ねながら後世に
引き継いでいきました。歳月を重ねるにつれて、いつしか、テセウス自身が実際に使った船の材料は完全に姿を消し、全て新しいパーツで構成された木船が「テセウスの船」として保存され続けている様相を見て、後に、ある人物が『「テセウスの船」として保存されているが、船を形作っている一つひとつの部品は、明らかに当時のものではない。
そこで‥
 ・全てのパーツが完全に交換された船は、それでも「テセウスの船」と呼べるのか?
 ・「テセウスの船」と呼べるなら、最初のパーツを用いて作った別の船は何と呼ぶのか?
と、一つの意見を提言したところ、議論に発展し、今では「テセウスパラドックス(逆説)」として「同一性」とは一体何か?という哲学的な課題として研究されるに至っています(現在までに様々な思考実験がありますが、概念的、哲学的であるためその答えは無く、強いて言えば「見る人によって変わる、どちらでもよい」らしいです)
 
 では、もし、“未来、時代の変化と共に、現在のアール・ケアを構成している人が大きく入れ替わり、また、事業内容が変化し、今ある何かが形を変えたとしても、「アール・ケアはアール・ケアなのか?”同一性のあるものと言えるのか?」という問題があったとしたら、自身でどのように考えるだろうか?
現時点の私の答えは
『企業が有する「理念」「意思」「機能」「存在価値」「歴史」総じて、根底に流れ得る「想い」の連続性が維持される限り、アール・ケアは未来永劫アール・ケアとして在り続けられる』
となります。

あと1カ月もすれば、今年もまた多くの新入社員が入社します。新しくアール・ケアの一員となる若者に、その礎となる「想い」を継承していくのが、自分達の大きな役割であると肝に銘じ、来る4月1日の入社式を楽しみに待ちたいと思っています。
「想い」を繋ぐ若い社員の活躍を願って‥。

(写真:Wikipediaより)

 


鈴木 茂和

 


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS