再会



2019年12月7日、日本作業療法士協会主催 災害支援研修に参加しました。
この研修は作業療法士として、大規模災害時における専門性の確認、災害支援が可能な専門職の育成、各県士会での災害ボランティアの普及などが大きな目的です。
この研修に参加するのも2年ぶり、2回目となります。
岡山県は平成30年7月豪雨災害に見舞われ、私たち作業療法士も被災者であり、同時に支援者となる貴重な経験をしました。
当時、岡山JRATとしての被災地支援を行う中で、私たち岡山JRATは全国より多くの支援をいただきました。
写真は実際に岡山へ支援に来ていただいた二人の作業療法士。
写真左 今野和成さん、中央は私、写真右 門脇優さん。
お二人とも別々で岡山入りしてくれました。
今野さんは第1陣として岡山に入り活動本部の在り方や基本を教えてくださいました。
門脇さんは、本部機能も落ち着き始めたころに来ていただき、実際の活動本部の業務を一緒に行いました。
お二人をはじめ、支援していただいた皆様に対しては本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
当時のことを思い出すと、災害支援活動もさることながら、今野さんとはお土産に大手まんじゅうをオススメしたこと、門脇さんとは差し入れの桃を食べるため爪楊枝を買い出しに行ったことを思い出します。
今回の研修で再会できたご縁を大切に、県内でも災害支援活動の普及、岡山JRATの活動促進を図りたいと思います。


大月 博


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS