未来へのディスカッション



令和元年11月26日、岡山県作業療法士連盟 第5回学集会を開催しました。
今回の学集会の中で、会員の皆様にとても重要な報告をさせていただきました。
岡山県作業療法士連盟は発足して3年目を迎えています。現在の保険制度や社会環境の中で作業療法が適切に対象者へ届いているか、作業療法の提供体制は適切なのか、個人的には課題があるように感じています。
活動を続ける中で、県議会議員のわたなべ英気先生と出会い私たちの現状をお伝えすることが出来ました。
作業療法士、作業療法の現状に理解していただき、全国初となる「岡山県作業療法士議員連盟」を令和元年9月20日に発足することとなり会員の皆様へ報告させていただきました。
少しピンと来ないかもしれませんが、県単位で議員連盟が出来ることはとても珍しく、意味があることです。
議員連盟が出来ることで作業療法士が議員の皆さんと意見交換出来る場が増え、生の声を届けることが可能となります。これは作業療法士の未来を共に考えてくれる、ということです。
会員の皆さん、しっかりと自分たちの意見を届けていきましょう!
後半は「こう変われば作業療法を提供しやすくなる ~日頃の臨床の悩みを話し合おう~」というテーマでグループディスカッションを行いました。
働く分野は様々、年齢も幅広い参加者でしたので具体的な話が出るか、少し心配していましたが・・・、沢山の具体的な意見が飛び出し、想像以上の熱のこもったディスカッションとなりました!
作業療法士の皆さんが作業療法が好きで、リハビリテーション専門職として対象者のために真剣に日々取り組んでいるんだ、ということが熱く伝わる結果となりました。
今後はこの結果をもとに、課題を整理して次につなげていきたいと思います。
参加してくれた作業療法士の皆さん、ありがとうございました!


大月 博


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS