リハビリテーション栄養

岡山も6月26日に梅雨入りしましたが、過去最も遅い梅雨入りだったようです。
そして、本日の空も厚い雨雲に覆われ、朝からしとしとと雨が降っております。

そんな天気の中ですが、今日はリハ栄養フォーラムに参加してきました。


昨年の介護保険改正時には、栄養改善の取組みの推進が明示され、栄養改善加算に関する算定については、外部の管理栄養士でも算定可とする改定がなされました。
これを受け、弊社通所介護事業部でも、新設された栄養改善スクリーニング加算、栄養改善加算の算定に向けた実行を進めているところです。

キーワードとなる、「リハビリテーション栄養」。
定義は、栄養状態も含めて国際生活機能分類で評価を行ったうえで,障害者や高齢者の機能,活動,参加を最大限発揮できるような栄養管理を行うことである。とされています。

 

アルフィックは開設時より、当社のデイサービスは『リハビリテーションとおもてなしで生活を元気にするデイサービス』をコンセプトに事業を実施してきましたが、管理栄養士という専門職の力を入れつつ、栄養面からのアプローチをより底上げ強化し、更なるリハビリテーションの成果を出すべく、“リハ栄養アプローチ体制”をコンセプト化していきたいと思います。

 

小馬 誠士


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS