RUN伴2018

10月13日、家族で「RUN伴」というイベントに参加しました。
このイベントについての詳細はコチラをご覧ください。
http://runtomo.org/

 

認知症対応型通所介護 葦束 で働いている奥さんから聞いて、作業療法士として長年働いているにもかかわらず、恥ずかしながら初めてこのイベントを知りました。
ホームページを開くと、
「非日常の体験が、認知症の人々の日常を変える」
「認知症の人と一緒に、誰もが暮らしやすい地域を創る」
というメッセージが目に飛び込みます。
このイベントの趣旨は非常にわかりやすく、有意義であると感じ家族で参加することを決めました。

実際に走った距離は2劼曚鼻
次のランナーへタスキをつなぎ、岡山大学病院のゴールを目指します。
玉野市から岡山市のコースの中にも認知症当事者の方やご家族がランナーとして参加されていたのが非常に印象的でイベントの価値を実感するものでした。

私たちの暮らす現代は、超高齢社会を迎えて認知症者は2025年には700万人を超えると言われています。
実に65歳以上の高齢者5人に1人が認知症者ということになります。
このような社会背景においても、この疾患はまだまだ社会に理解されているとは言えません。
今回のイベントのような地道な活動が少しでも認知症の理解につながることを願っています。
最後に、実行委員の皆さん、ありがとうございました!
来年も参加します!


大月  博
 


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS