大きな教訓

去る7月6日、7日にもたらされた豪雨により、西日本では広域に渡り甚大な被害を受けました。この運命としか表現できない自然現象によりもたらされた災害によって多く方の尊い命が失われ、各地に甚大な被害が生じました。この度の災害により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に対しまして心よりお見舞い申し上げます。

 

これまで私は恥ずかしながら、大雨によって岡山県においてこのような被害が及ぼうとは夢にも思っていませんでした。6日の朝から県内各地で避難勧告や避難指示が発せられ、夜には大雨特別警報までもが発せられ頻回に携帯電話の緊急速報が鳴り響く中においても、このような事態に及ぶとは想像出来ませんでした。

 

これは幸いにもこれまで災害を被ることなく生きてこれた者の慢心以外何者でもありませんでした。過去に東日本や神戸の震災を見て問題意識をもったにも関わらず、時間の経過の中で意識が薄れ、どこか自分は大丈夫と勘違いしていたのだと思います。

 

この度当社においては、6日の早朝の段階で営業エリアおよび多くのスタッフの居住地域において避難指示が出ていたことなどを鑑み、各事業における営業は困難と判断し、一部を除きほとんどの事業を休業としました。翌日の7日は日曜日で両日とも最小限の営業の中での出来事でした。もしこれが全サービスが提供を行う日中の出来事であったら、、、と想像すると、あまりにも備えが出来ていないことに気づかされゾッとしました。

住まいの地域をとっても、お客さまのご自宅、事業所、スタッフ自宅はそれぞれ異なります。それぞれの地域に避難指示が出た場合、そのタイミングによって何を優先し、どのように行動するべきか。。。

 

日頃から非常時を想定し、有事の際にはどう行動するかを予めしっかりと考え、備え、社内においてはそれをスタッフ間で継続的に共有していくことが重要であり、そして万が一有事となった際には空振りでもいいから素早く判断し避難行動をとることが重要であると改めて認識しました。このような備えが重要であることは、先の震災などにおいて繰り返し耳に入ってきていたことですが、恥ずかしながらこの度の災害によって痛感され、今後の教訓となったように思います。

 

この教訓を生かし、お客さまにとってもスタッフにとっても、確実な行動がとれる体制を早急に構築していきたいと思います。

 

 

山 寛幸


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS