岡山県作業療法士会

平成30年6月10日、岡山県作業療法士会総会が行われました。
この総会において、2期目の理事としての役目をいただくことが出来ました。
早いもので、1期2年の任期を終えて2期目に突入します。
何もわからず、緊張して理事会に出席していた2年前を思い出すと、この2年間の活動でどんな成果があったのか、個人としてどんな成長があったのか、と反省する想いです。
岡山県作業療法士会は会員数約1000名が所属する職能団体です。
定款には作業療法士会の目的として「作業療法士の学術技能の研鑽及び人格資質の陶冶に努め、作業療法の普及発展を図り、もって県民医療の質の向上に資することを目的とする。」と記されています。
私たち作業療法士は技能を磨き目前の対象者に対する結果のみを求めるのではなく、県民医療の質向上まで求めていくことがgoalとなっています。
それぞれの現場において、この目的を再度理解して対象者に向かうことが重要だと感じています。
さて、私は作業療法士会の中で災害対策委員会の委員長を仰せつかっています。
この役割は「岡山県内外で大規模災害が発生した際に、初期から始まり長期にわたって必要な対応が迅速かつ有効に提供・供給できるような体制を整備する。」ことになります。
まだ十分ではありませんが、少しずつ前進しているのではないかと感じています。
理事2期目の中でもしっかり進めていき、会員のため、岡山県民のために有事に備える体制を構築していきたいと思います。

 

大月 博


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS