店の額

ある料理店に飾られていた額。
描かれた花は、菜の花だろう。
「花は主の心の色に咲く」と書かれ、菜の花には色がほとんど乗せられていない。
うまく描いたものだと感心した後、ふと二人の娘の顔が浮かんだ。
「子は親の心の色に育つ」。やはり、正解だろうと思った。

 

花でさえ主の心が分かるというのに、人には愛情をもって接することが大切だということを改めて気づかされ、56になってもまだまだ薄色の自分に反省する。

 

そして今、もう一つの大きな気づきがあった。
トイレでこの写真を撮ったということは・・・、
自分はそれほど酔っていなかったということだ。

山根 一人


 


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS