地域包括ケア推進室の仕事

以前のブログで紹介しましたが、アール・ケアには「地域包括ケア推進室」という部署があります。(内容はこちらをご参照下さい)
この部署の取り組みは地域を耕すこと、地域のお役に立てる活動を保険事業とは別に進めていくことにあります。
アール・ケアの取り組みとして、出前講座を玉野市、岡山市等で提供できる体制が徐々に構築され様々な専門職が地域で活躍できるようになりました。
その一部はアール・ケアのインスタグラムに紹介されています。興味のある方は是非チェックしてみてください。

地域には、地域ごとに様々な課題があります。
地域包括ケアシステムの構築については、自助・互助・公助・共助をキーワードに地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に合わせて作り上げていくこととされていますが、地域ごとの課題や要望は私たち専門職が、介護保険事業者としてではなく、「生活者」としてかかわっていくことで見えてくるものが大きいのではないかと感じています。
この部署で活躍してくれている2名のスタッフと出前講座等で地域で活躍してくれている様々な専門職が「生活者」の視点で関わり、地域課題に取り組んでいくことが今後の地域包括ケアシステム構築には必要不可欠です。


大月  博
 


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS