平成30年医療・介護報酬同時改定

 

いよいよ6年に一度の診療報酬・介護報酬の同時改定まで残すところ2ヵ月となりました。

1月26日の夕刻に介護報酬の算定基準が示され、改定の全容が明らかになりました。

診療報酬の算定基準については来週明らかになるのではと言われています。

 

1月27日にはNPO全国在宅リハビリテーションを考える会の広島定例会に参加してきました。

全国から介護事業に関わる経営層や管理者の方々が集まり、熱い議論を交わす中でお互いを高めあうこの会はいつも大きな刺激をもらいます。

たまたま介護報酬の算定基準が示された翌日となった今回の定例会では、介護給付費分科会の委員でもあられる馬袋英男氏の講演もあり、この度の報酬改定で示される介護事業の在り方やこれからのビジョンについて熱のこもった大変貴重なお話を頂き、更に刺激を受けました。

 

介護報酬の算定基準が示されたことで、当社が取り組む介護事業においても、より具体的にやるべきことが見え、方向性が定まってきました。介護報酬改定の概要に示される「質が高く効率的な介護の提供体制の整備を推進」をどのように実現していくか、変化が求められています。

 

地域包括ケアシステム、自立支援、重度化防止、質の高いサービスをキーワードに、より一層提供するサービスを高めていかなくてはなりません。成長のチャンス到来。さあ頑張ろう!

 

 

挑戦はまっ先に。サービスはまっすぐに。

山崎 寛幸

Related Entry

PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS