事業部の再構築とチームとしての成長



 昨年9月から新しく福祉用具サービスの事業部長として任を受け、瞬く間に3か月半が経過しました。
 一昨年から続く事業部内部の歩調の誤差などがあり、運営に黄色信号が灯った期間もありましたが、現在新しいスタッフも加わり新たな船出が出来る手応えを掴み始めています。
また、3か月半という短い期間ではありますが、振り返れば、改めて「企業は人なり」「仕事はチームで行うもの」という事を噛み締めた時間でもありました。
 成果を上げる、目標を達成する等、どんな仕事においても個々の能力、力量という要素と、お互いを尊重し補い合うチームワークが重要であり、今後はその両輪のパワーアップ、レベルアップに向けてしっかりと取り組まなければならないと考えています。

事業部発展に向けては、単なる「レンタル屋」「物売り屋」ではなく、お客様を始め関係する方から選ばれるための付加価値をどのように生み出していくか?その付加価値を個人レベルでどのように向上させていくのか?同業他社との違いをどのように具体的にアピールできるか?が大きな課題であると思っています。

この先、4月に配属予定の新入社員も含めて全員が結束し、チームとして成長し、将来において揺るぎない強さを持ったチームとなるべく一生懸命前進していきます。


鈴木 茂和


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS