2020年

 「2020年」といえば、真っ先に思い浮かぶのは東京オリンピック。56年ぶりの夏季大会に日本中が注目し、かく言う私も開催を心待ちにしています。
 ちなみに、私の夏季オリンピック記憶に残るシーンベスト3は
     1位 柔道 山下 泰裕選手の金メダル (1984年 ロサンゼルスオリンピック)
     2位 競泳 岩崎 恭子選手の金メダル (1992年 バルセロナオリンピック)
     3位 体操 団体 の金メダル (2004年 アテネオリンピック)
     次点 柔道 篠原 信二選手の銀メダル (2000年 シドニーオリンピック)
です。

 

 さて、本題の「2020年」 我がアール・ケアは創業30年の節目を迎える年になります。
1990年12月に小さな1室で産声を上げた0歳の会社が今や30歳となり、虚弱だった身体にも体力がつき、紆余曲折もありながら、当時は想像もし得なかったサイズに生育してきました。
 大手リサーチ会社が2019年に発表した調査結果によると、全国の企業の「平均寿命」は23.9年しかなく、また、国税庁が行った「企業生存率」の調査では、設立後1年では40%、5年15%、10年6%、20年0.3%、そして30年となれば、わずか0.02%の奇跡的な数字となっています。
 そのような状況下(あくまでデータ上ですが)であっても、今年創業30年目を迎えることが出来たのは、過去からの会社生育過程の中で、様々な人達に、様々なシーンで助けられ、励まされ、教えられ、導かれてきたお陰であると、関わっていただいた方に改めて深く感謝を致します。
 まずもって現場で奮闘してくれている社員、過去在籍して頑張ってくれた社員、当社のサービスに信頼を置いてご利用下さっているお客様、ご家族、関係する事業者の皆様、その他、わずかでも関係して下さった方々、その全ての人の存在にて現在もアール・ケアが生かされているのだと心からの敬意の念を抱くところです。

 この先「アール・ケア」の存在が、地域の方々が安心して暮らせる一助となること、そして、関係して下さるあらゆる方々の幸せが、一歩でも近づくことに貢献できる会社となれるよう、2020年という節目の年に心新たに取り組みたいと思います。

 

<左:創業当時の会社パンフレット、右:現在の会社パンフレット(抜粋)>

 

鈴木 茂和

夢の実現に向けて

〜 当社、責任者研修での1枚のスライド 〜



以下の内容を責任者の研修で話した。

人はそれぞれに克服したい問題や治したい病気、そして実現したい夢がある。
アメリカのフォードモーターカンパニーの創業者ヘンリー・フォードには、「モータリゼーションの大衆化」という大きな夢があった。
車を一部の大金持ちや富裕層だけのものにするのではなく、自分の会社で働く工員にも買わせてやりたい。そんな使命をもって夢に挑戦し続けた。

結果は、たった13年間で同じNYの5番街通りが馬車から車に一変することとなった。
この目的達成の裏には、圧倒的に生産性を上げたベルトコンベア実験工場の建設がある。(中略)
その工場では、それまでに1台当たりの組み立てに13時間以上かかっていた工程が、93分に短縮され、凄まじい成果を上げて「モータリゼーションの大衆化」に突き進んだ。
ヘンリー・フォードが信じた夢が世界を席巻させた。

その時に、フォードが残した言葉が自身の写真の中に刻まれている。
信じることのへの執念、そして目的達成を確信できたことによる大きな成果と言える。

アメリカの成功者の100%は、この「信じる」「確信する」ことを意識に入れ、成功を手にしているという。

「山根君、あなたも夢を確信しなさい。」と言われたような気がした。

山根 一人

更なる『成長』の年に



明けましておめでとうございます。
本年も変わらぬご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

さて、毎年年明け最初の私のブログでは、書初めをさせて頂いております。
昨年は年男ということで『亥』の文字を書かせて頂いたのですが、今年は『成長』の二文字としました。

西暦2020年となりましたが、実は今年は会社の創業30周年を迎える節目の年でもあります。
そして、今年は、新たな通所介護事業サービスの創出を考えており、通所介護事業部としても、会社としても『成長の年』になると思っています。

昨年1年間も成長の年となりましたが、こうして会社が30周年を迎えられることを改めて深く考えると、今まで当社に関わってくださった全ての方のご尽力、ご支援があってこそであり、本当に有難いことであると感じます。

そして、何よりも、正に今現在、お客様お一人お一人に実直に向き合い、まっすぐなサービス提供をしてくれております現場社員の皆様に感謝をしなくてはいけないと強く思います。

社員がいてこその今の会社であることを忘れず、本年も、アール・ケアという会社が地域に必要とされ、皆様のお役に立つ会社へと更に成長するよう、そして、社員の皆様がこの会社で働いて良かったと思い続けられるよう、私自身も成長する姿勢とその努力を怠らず、邁進していく所存です。

小馬 誠士

謹賀新年



新春を迎え、心からお祝い申し上げると共に、皆様方のご多幸をお祈り申し上げます。

さて、本年は私たちアール・ケアの面々にとって大きな節目となります。
さらなる介護事業の出展、生活支援に資する新たな事業展開、内向きには担当役員人事の変更の年とします。

これら全社を挙げて取り組むと共に、現在3,400人の方々に利用いただいているサービスを、グループ内の新規事業を含め、2年後に5,000人以上に拡大する計画です。
多くの方々に安心と快適を提供することで、「世の中の問題解決会社」として舵を切る所存です。

本年も、どうかよろしくお願いいたします。


代表取締役  山根 一人


感謝



本年も、自分を取り巻く方々、そして会社を取り巻く多くの方々からお陰をいただき、
また一つ良き年を重ねることができた。そんな皆様方に、心からお礼を申し述べたい。

残すところは、皆様の健康とわが身の健康だが、葉室頼明氏の著書「神道のこころ」の中にはこんな下りがある。
「人は生かされて生きている。自分で生きていると思うから、不治の病になったら慌ててしまう。生かされて生きていると思えば、それも宿命だと割り切れる。」と言うものだ。

だからと言って、皆の健康を案じないとか、健康診断に行かないというわけではない。
健康で末永く社会に貢献するためには、必要なことをきちんと行った上で後は天に任せ、
生かされているという感謝の念を抱くということなのだろう。

今年も一年、私も生かされてきた。
これは皆様方の助けがあってのこと。
若輩者ですが、どうか来年もよろしくお願いします。
残り少ない本年が、皆様にとって健やかでありますように。

山根 一人


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS