感染予防と事業の継続、利用者の安全



国内で新型コロナウイルス感染が拡大しはじめ、早いもので5か月が経過しています。
岡山県内での感染者も延べ25名となりました。
この新型コロナウイルスの感染拡大は、国民の生活を脅かすだけでなく、観光業や飲食業に壊滅的な打撃を与えています。私たち介護事業者にとっても例外ではなく、大きな脅威として重くのしかかっているのが現状です。
現場では、スタッフが感染拡大を少しでも防ぐために厚生労働省や岡山県から発信される情報に則って業務にあたっている法人も多いと思います。
この新型コロナウイルスによる介護事業への影響は既に多くの事業所で発生しており、アール・ケアでも特に通所介護に影響が出ています。
岡山県通所介護事業所協議会の事務局を担当している関係もあり、岡山県や岡山市、通所介護事業所協議会の会員など、コロナウイルス関連の問い合わせも増えてきました。
このような状況の中、5月5日付で岡山県保健福祉部長より発信があり、その中に「通所又は短期入所サービスについては、家庭等での対応や代替サービスが可能な範囲で、利用回数の縮小などの検討を利用者や家族に確認」という記載がありました。
(詳しくは発信文書を御確認ください。)
これは広島県三次市で発生した通所介護での集団感染のような事態を防ぐための方策ですが、あくまで確認であり、サービスの自粛を求めるものではありません。
介護保険サービスは利用者の生活を守る社会インフラであり、止めることの出来ないサービスです。
如何に感染を予防しながら、社会インフラとしての機能を維持するのか。
相反する課題の中で、多くの介護保険事業者は苦しい状況に置かれています。
1日でも早い終息を願い、今できることを着実にこなしていく必要性を強く感じています。

大月 博

Web会社説明会





毎年3月1日解禁の就活戦線。例年3月〜5月は、合同就職説明会や各社会社説明会が最盛期を迎える時期ですが、今年は新型コロナの影響により「合同」と名の付くあらゆる説明会が中止となっています。直接会えて話が出来る貴重な機会が全て失われてしまうことは、就活生にとっても企業にとっても非常に厳しく、双方ともに来春に向けての混乱と影響が予想以上に大きくなってきています。
2021年卒の新卒採用を行う意思のある企業においては、このようなシビアな状況下にあるからといって採用活動を完全に停止する訳にもいかず、各社対策に苦慮しながらも様々な手段を駆使し採用活動を継続していますが、そんな中で、現在、中心的な方法として注目されているのが「Web上での会社説明会」や「Web面接」といった遠隔的対応です。首都圏を中心に数年前から大企業などが導入していましたが、現状を鑑み全国的に説明会、選考会、面接に至るまでをWeb上に切り換えるところが増えてきました。
 遅ればせながら、当社も先日初のWeb説明会を開催し、多くの就活生に参加していただき、慣れないながらも何とか全員に最後までお付き合いいただくことができました。
例年にはほとんど無い遠隔地からの参加や、今般の緊急事態宣言による影響で往来の自粛を余儀なくされた就活生へのコンタクト、自宅に居ながら参加出来る利便性、移動の金銭的、時間的コストの低減といったプラスの側面も大いに感じることが出来た反面、参加者のリアクション、温度感、説明内容の是非を実感するに至らず、一方通行的で冷ややかな感覚を自身で覚えたのもまた事実です。
今後、新型コロナの影響がどこまで続くか分からず、しばらくはWeb上での対応も継続
する予定ですが、やはり、就活生の活気や、温度感が伝わる対面での説明会に勝るものは
無いとして、一刻も早い終息を切に願うばかりです。
 最後に、このような非常で特殊な事態の中、来春の就職に向けて懸命に取り組んでいる就活生に心からのエールを送りたいと思います。


鈴木 茂和



空の鳥を見なさい 〜 マタイ 6:26 〜



写真は4月22日の昼に撮影した本社屋外の一角。
高さ2メートルといった所だろうか。
すずめの足元に見えるワラの中側からは「チーチー」と餌をねだる雛の声が聞こえる。
毎年ここで産卵し、今年は餌を運ぶ親すずめに気づいてから2週間ぐらいになる。
何かよく分からないが、何かに駆られて、初めて写真を撮った。

話は変わって、「人生は大志をもって計画的に」とか、「経営は10年先を読んで」とか、
極めつけは、昨年ごろより「30年先を見ない企業は消滅し、30年先を語れない経営者は経営をしているとは言わない」(日経EBP)といったフレーズが、経営誌を騒がせてきた。

しかし、無神論者の私だが、改めてこの写真を見て「ほほぅ〜」と思い出したことがあった。
それは、父から教えられた「空の鳥を見なさい」という聖書の一説。

その内容は、「空を飛ぶ鳥を見なさい。種蒔きもせず、刈り入れもせず、倉に納めることもしない。けれども、天の父(神)がこれを養っていて下さる。
あなた方は鳥よりも、もっと優れたものではありませんか。」というもの。

思考はトータルバランス。ましてや今は、新型コロナ一色。アクセクしてもしょうがない事に対しては、こんな考え方も必要ではないかとすずめ親子に教わった。

今夜も、充実感を持ってウイスキーを飲む。でも、焼き鳥だけは食べずにいよう。

山根 一人

5年連続アウトカム表彰




令和元年度岡山市デイサービス改善インセンティブ事業において、当社デイサービス事業所であるアルフィック西大寺が岡山市長より表彰されることが決まり、3月末に岡山市役所で開催された表彰式に事業所責任者と共に出席させて頂きました。

岡山市内のデイサービスは約300事業所と全国的にみても多いと言われていますが、その内、本事業に参加し要介護者の状態像を維持・改善したとして上位10事業所が表彰されます。この度の表彰で通所介護事業部として、5年連続表彰と、大変名誉ある賞を頂きました。

また、この令和元年度の事業から、岡山市内のデイサービス事業者のみならず、訪問介護事業所に対するインセンティブ事業も新しく始まり、当社の訪問介護事業所であるアスト岡山が上位10事業所に選ばれることになり、通所と訪問介護のダブル受賞となりました。

通所介護事業部では、これまでもご利用頂くお客様の生活を元気にするデイサービスとして、リハビリテーションサービスの質の深化、アウトカムの追求に取り組んできましたが、その証となる表彰を頂くことが出来、大変光栄に思います。

国では、来年2021年度の次期介護報酬改定に向けたキックオフ会合が、3月16日に開かれました。2021年改定でも、前回改定時に新設された要介護度改善を評価するADL維持等加算が最重要ポイントの一つに位置付けられています。「結果を出す」ということがより求められます。引き続き、現場でのアウトカムの追求に取り組んでいきます。

最後になりましたが、今回頂いた賞は、現場の社員の日々の努力とその結果であることは間違いなく、日々お客様に対し、一生懸命に取り組んで頂いている社員の皆様に感謝したいと思います。


小馬 誠士

修了式♪

令和2年度の新入社員研修も無事に終わり、修了式を終え、12名の新入社員が羽ばたいて行きました。これからはそれぞれの事業所に配属となり、夫々専門職として先輩方より実務を教わります。

 

入社式では緊張の面持ちであった面々も、修了式ではその表情も軟らかく、そして凛々しいものでした。

コロナウイルスによって日々世の中が劇的に変わるなか、不安も多かったことと思いますが、2週間の研修を通じて、学びや気づき、そして同期の友情を深めたことと思います。

これから楽しいこと、嬉しいこと、辛いこと、悔しいこと、様々な経験を通じて成長してくれることと思います。

 

私自身もアール・ケアに入社し、20年の間に様々な経験をさせて頂きました。

楽しかったこと、嬉しかったこと、辛かったこと、悔しかったこと、全て今の私の糧となっています。

これまでを振り返り、頭をよぎるのは失敗や反省ばかりです。

その一つひとつから学ばせて頂いてきたのだと思います。

 

入社した当時より、社長から『仕事を通じて成長する』『共に育つ』と教えて頂きました。当時はいまいちその意味を理解することが出来ませんでしたが、今になると、まさにその通りだと実感できます。

 

なので、新入社員の皆さん、どんどん失敗してパワーアップして下さいね!

 

挑戦はまっ先に。サービスはまっすぐに。

山崎 寛幸

 


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS